公共選択学会第25回大会

2021年12月5日(日) オンライン開催 / 北陸大学

大会開催概要

2021年度・公共選択学会第25回大会は、2021年12月5日(日)オンライン(Zoom)で開催されます。会員の皆様の参加を歓迎いたします。

大会実行委員長:田尻 慎太郎(北陸大学)

大会企画委員長:西川 雅史 (青山学院大学)

一般報告公募のご案内

本大会はZoomを利用してのオンライン開催となります。

本大会で一般報告を希望される会員の方は、下記のGoogleフォームより、必要事項を入力の上、申し込みください。会員の皆様の奮っての応募をお待ちしております。

一般報告の時間は40分(報告20分・討論10分・フロアからの質疑応答10分)です。

募集期間2021年8月23日(月)2021年9月26日(日)

第25回大会 一般報告申し込みフォーム

一般報告応募の受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ポスターセッション報告公募のご案内

ポスターセッション報告の応募下記の要領で募集いたします。会員の皆様の奮っての応募をお待ちしております。

(1)ポスターセッション参加者は、12/5(日)に指定されたウエッブサイトへアクセスして頂き、定められた時間の間聴衆の方に対応して頂きます※別途大会実行委員会からアクセス手順などを連絡させて頂きます

(2)ポスターセッション参加者は11/19(金)までにA4用紙1枚・書式自由・PDF形式報告の内容をまとめたものを下記のメールアドレスへお送り下さい提出を頂きましたファイルは大会ウエッブサイト上で公開しポスターセッションへ聴衆として参加する方が報告内容を事前に確認するためのもの(いわば店先のメニュー看板)として使用させて頂きます

  Mail第25回全国大会実行委員会publicchoice2021-g@hokuriku-u.ac.jp

(3)ポスターセッション参加者は11/19(金)までに1分以内の動画パワーポイントなどあるいはYoutube動画など)を提出することができますこのファイルも上記のA4用紙1枚のPDFととも大会ウエッブサイト上で公開しポスターセッションへ聴衆として参加する方が報告内容を確認するためのもの(いわば店先のメニュー看板)として使用させて頂きますただし動画の提出は任意です

(4)当日のセッションは定められた時間内で発表形態は自由にご報告下さい聴衆者への配慮から10分程度の簡潔な説明を基本スタイルとして想定していますが自由な報告スタイルを制限するものではありません

(5)なおポスターセッションへご参加頂くことが困難あるいは不適当であると判断された場合にはその旨をご連絡させて頂く場合がございます

募集期間2021年1012021年1119

学会賞について

公共選択学会では、若手研究者による研究を奨励するため、公共選択学会大会での報告に対して、

若手研究者優秀報告賞」と「「公共選択のフロンティア」優秀報告賞」(ポスターセッションでの報告を対象)という2つの賞を設けています。

若手研究者の皆様の積極的な応募を期待しています。

過去3年間の受賞状況]

2020年度第24回大会 / 東海大学

若手研究者優秀報告賞

栗田健一 "COVID-19 and stigma: Evolution of self-restraint behavior"

2019年度・第23回大会 / 関西大学

◆若手研究者優秀報告賞

笠松怜史・岸下大樹 "Collective Reputation and Learning in Political Agency Problems"

鈴木崇文 "Capitalization of local government grants on land values: evidence from Tokyo metropolitan"

◆「公共選択のフロンティア」優秀報告賞

合田百花「税の再分配とタックス・コンプライアンス」

2018年度・第22回大会 / 横浜商科大学

◆若手研究者優秀報告賞

後藤剛志・山本拳輝 "Creative Accounting and Municipal Mergers: A Theoretical and Empirical Approach"

◆「公共選択のフロンティア」優秀報告賞

岸下大樹 "Contagion of Extremism via Social Learning"